アルバイトをしている方は、キャッシングを行うことは可能なのか?

働いていない方と比べると、アルバイトをしていることでキャッシングの審査で合格できる可能性はそれなりに高まりますが、容易にそうなるとは限りません。

 

というのも、キャッシングの審査では申込み者がどれだけ収入を得ているか?や現在の勤め先にどれだけ勤めているか?といったことをはじめ、現在の借入件数、これまでの返済の遅れの有無についても見られることになるからです。

 

ですから、キャッシングの審査ではただ単純にアルバイトをしているから審査で合格できるといったような確かな保証とはいうものは存在しません。

 

アルバイトでも申し込みできるカードローン!
アコム プロミス

▲アコムのページヘ

▲プロミスのページヘ

 

キャッシングをする際の審査は1つの項目だけでは合否が決まりません

キャッシングをする方の中にも正社員で勤務されている方やアルバイトをされている方、もしくは仕事をしていない主婦というようにさまざまな属性の方が存在しますが、いずれであっても1つの項目だけを見て合否を決めているわけではありません。

 

これには例外なくいつもそうすることとされています。よって、ある項目では合格ラインに届いていても、別の項目で合格ラインに届いていなければ、不合格ともなりますし、反対に1つの項目が不合格ラインでも他の全部が合格ラインに届いていれば、結果的に合格できる可能性が高いとも言えるのです。

 

難しく聞こえるかもしれませんが、簡単に言うと、これまできちんとした人生を送ってきた方なら、それほど神経質にならなくても審査では合格でき、反対にキャッシングに頼り過ぎているといったような、きちんとした人生を送っていない方は、審査を目前に良く見せようとしても大抵は審査で落とされるということになります。

 

参照:カードローンおすすめトライ

 

1ヵ月5万円ぐらい給料を得られていれば、10万円であればキャッシングできる

前述の通り、審査では1カ月あたりの給料だけを見ているわけではないので、一概には言えませんが、大体5万円ぐらい給料を得られていれば、審査では合格できるものと言われています。

 

ただ、これは他の項目で引っかからないのが条件で、そうでなければ上記の金額を稼いでいる方であれば、上限金額10万円で申し込むと審査で合格できるということです。

 

信用に傷がついていないことやキャッシングが過剰でないことが重要

上記で示した1ヵ月5万円の方が10万円をキャッシングするためには、信用に傷がついていないこと、キャッシングが過剰でないことが条件となり、例えば、過去に返済を遅らせた経験がある方は審査では合格しにくくなります。

 

また、現在お申し込みする会社の他にもキャッシングを行なっている会社が多数存在するとなれば、総量規制の関係からも審査では不利となるのは避けられません。逆に言えば、これらに当てはまらない方であれば、5万円の月収があれば10万円程度ならキャッシングは十分可能だということです。

 

アルバイトをされている方は長く勤めることが重要

アルバイトをして生計を立てている方は、長く勤めていることが重要となっていきます。一般的にアルバイトというのは正社員と比べ、安定性に欠ける部分もあるので、すぐに辞めるような方はよく見られませんし、逆に長く勤めている方ならば近いうちに仕事がなくなるということが考えにくく、キャッシング会社側も安心できるのです。

 

会社名を聞いて安心できる会社、業種だと審査では合格しやすい

安定性という観点からもう1つ付け加えるなら、勤め先の会社名を聞いた時、安心できるような会社や業種であれば、たとえアルバイトであっても、審査ではプラスに判断されると言われています。例えば公務員として働いている方は、ある日急に仕事を失うことはあり得ないので、正社員、アルバイトに関係なくプラスに判断されるということです。

 

これとは別に、キャバクラ等で勤務されている方となると、確かに収入は問題ないかもしれませんが、離職率も激しいため、信用度は低く、デザイン関係の仕事等も安定性という意味ではあまり信用できないため、審査ではマイナスとなってしまいます。

 

学生もアルバイトさえしていれば、キャッシングはできるのか?

これに関しては明確なことは言えませんが、アコムやプロミスといった有名な消費者金融では、成人していることを前提条件として、学生の身分であってもアルバイトで安定した収入を得られていれば、キャッシングは可能だとされています。

 

また、上記のことは銀行でキャッシングする場合にも当てはまると考えてよいですが、一部の銀行(オリックス銀行・横浜銀行)では学生にはキャッシングさせていないところもあるようです。

 

学生の方は親が同意していなければ、キャッシングができないこともある

これまでお話ししてきた通り、学生でもアルバイトをしていることでキャッシングが可能なのですが、会社によっては親が同意していないとキャッシングを認めてもらえないところもあるようです。

 

大きなところでは、三菱東京UFJ銀行がそうなっていて、そのようなところでキャッシングするとなると、親に知られずにキャッシングすることが不可能となりますので、学生の方からすれば、多少の不便さは感じられるかもしれません。親に知られずにキャッシングしたい方は、別の会社を探すとよいでしょう。

年金受給者やフリーターでもキャッシングは可能?

キャッシングはフリーターの人でも利用することができますが、年金受給者の利用は難しいです。年金以外に収入がない場合、消費者金融では借り入れを行うことはできません。

 

銀行のカードローンであれば利用できる可能性がありますが、条件はかなり厳しいと思ってください。

 

年金受給者には審査が厳しいです

年金受給者に対しては、消費者金融でも銀行でも審査は厳しくなります。消費者金融では上に書いたように、それ以外の収入がない場合はその時点で落とされてしまうことになります。アルバイトなどで収入があった場合でも、それ以外の条件で引っ掛かってしまうことがあります。

 

年齢制限があります

まずキャッシングには年齢制限があります。消費者金融では20〜69歳までのところが多く、銀行では20〜65歳までのところがほとんどです。また消費者金融や銀行によってはもっと低い年齢までのところもあります。消費者金融のモビットでは65歳までで、楽天銀行では60歳までです。

 

モビットはご存知のように一切実店舗がない、ネット専用の消費者金融です。申し込みもネットでしか行えません。そのような営業形態から若い人の利用を推進しているので、高齢の人には向かないといえます。

 

楽天銀行も同様で、ネットでの取り引きを行っているような人以外は通常はあまり利用しない銀行です。モビットと同じく高齢の人が利用することはあまりない銀行なので、年齢制限が低くなっています。

 

年金受給者は色々な懸念があります

年金受給者の年齢になると、病気やケガをするリスクが比較的高いといえます。そのために出費がかさむこともあり、返済のためのお金の心配があります。また突然寝たきりになってしまうようなことがあると、返済など行えなくなってしまいます。

 

そのようなリスクがあるため、消費者金融でも銀行でも、あまり高齢の人には貸し出しを行っていないのです。フリーターの人の方がそのようなリスクは少ないと判断できるので、年金受給者と比べた場合、フリーターの人の方がキャッシングを行える可能性が高いということです。フリーターの場合はきちんと定期的な収入さえあれば、キャッシングの利用は難しくありません。

 

また年金受給者ということは、定年退職後ということです。そのような人が借りてでもお金が必要というのは、経済的に危ない状態だと考えられてしまうことがあります。そういった人にお金を貸した場合、返済が滞る可能性が高いと考えられるため、どうしても審査が厳しくなります。

 

フリーターは収入さえあれば問題ありません

年金受給者とは違ってフリーターの人の場合、定期的な収入さえあればキャッシングの利用は難しくありません。収入によって借り入れを行える額は変わってきますが、それに応じた金額の借り入れを行えます。

 

会社員と比べた場合、職業の安定性の面から審査が厳しくなる可能性がありますが、それほどの金額でなければフリーターという職業があまり問題になることはありません。過去に返済のトラブルを起こしたようなことがある場合は別ですが、現在の職場への勤務期間がある程度あり、他社からの借り入れがなく希望額が少額であれば、まず審査で落とされるようなことはありません。

 

これは年金以外の収入がある人にも同様なことがいえます。定年退職後でも元気で働いているということなので、そのような人は大きな病気を抱えていることや突然寝たきりになるような可能性は低いと判断できます。何かしらの職業に就いていて定期的に収入があるということが、キャッシングの審査ではまず求められる条件です。

 

年金受給者には年金担保貸付という制度もあります

年金受給者の場合、年金担保貸付制度という公的な借り入れを行うこともできます。これは福祉医療機構と日本政策金融公庫で扱っている、その名前の通り、年金を担保にして借り入れを行える制度です。

 

この年金担保貸付では年金の年間支給額の8割までの借り入れが行え、金利も2%以下と消費者金融や銀行よりかなりお得に借り入れを行うことができます。ですがこの借り入れを行えるのは、そのお金の使い道が決まっている場合に限られます。

 

例えば自宅にリフォーム代や、入院するための医療費などに使うような場合です。フリーキャッシングのように自由に使うことはできないので注意してください。ですが年金さえ受給していれば、審査に落ちることはまずないといえます。使い道が決まったお金が必要な場合は率先して利用していいでしょう。

パート・アルバイトも歓迎のキャッシング!
アコム プロミス

▲アコムのページヘ

▲プロミスのページヘ