無収入の専業主婦には銀行カードローンがお勧め

専業主婦がキャッシングを利用するには、銀行カードローンに申し込む必要があります。無収入の専業主婦は消費者金融に申し込むことはできません。

 

さらに夫の同意書が必要ない銀行カードローンに申し込むこともポイントです。三菱東京UFJ銀行やみずほ銀行、楽天銀行などが同意書なしにキャッシングを利用できるため、優れた選択肢となるのです。

 

主婦の利用におすすめ!
女性におすすめレディースローン 主婦歓迎のカードローン

▲レディースプロミスのページヘ

▲イオン銀行カードローンBIGページヘ

 

専業主婦は消費者金融を利用できない

消費者金融では利用者に対する融資を利用者の年収の1/3に限定するという総量規制が敷かれています。この総量規制のために、無収入の専業主婦は消費者金融を利用できません。

 

そこで専業主婦が利用できるキャッシングは、銀行カードローンとクレジットカードを発行している信販系のキャッシングサービスとなるのです。

 

配偶者の同意が必要ない銀行カードローン

銀行カードローンを専業主婦が利用する場合、通常「配偶者の同意書」と呼ばれる書類が必要となります。これは専業主婦がキャッシングを利用する場合、夫の給与から借入の返済がなされることが多いために必要とされるものです。

 

夫の同意が得られれば問題ないのですが、ことキャッシングに関しては夫の同意は得づらいものです。そこで専業主婦が楽にキャッシングを利用するためには、同意書が必要とされない銀行カードローンを選択することが求められるのです。

 

同意書が必要なければ、急なトラブルに対応できる

同意書が必要ない銀行カードローンに申し込むメリットは、専業主婦本人の判断だけでキャッシングを利用できるということです。突然の用事やトラブルに巻き込まれ、やむにやまれぬ理由でお金が急に必要となることがありますがそのような時、夫に事情を説明したり、署名してもらおうとすると、急な出来事に対応できなくなってしまいます。ここでキャッシングに夫の同意が必要なければ、本人の判断だけでキャッシングが利用でき、急なトラブルに対応できるようになるのです。

 

夫にキャッシングの利用を内緒にできる

さらに同意書が不要である場合、夫にキャッシングの利用を内緒にできます。夫がキャッシングについて否定的な考えを持っている場合には、いくら丁寧に説明しても同意を得られない場合が多く、同意が得られなければ、夫婦間で新たな諍いを発生させる可能性もでてきます。

 

そのような時、同意書が必要なければキャッシングの利用を夫に内緒にすることが可能となります。無駄な喧嘩や口論を生じさせることなく、必要な時にキャッシングが利用できるようになるのです。そこで専業主婦にとっては同意書の必要ない銀行カードローンを選択することが大きなメリットとなるのです。

 

同意書が必要ない銀行カードローン

同意書が必要ない銀行カードローンは、三菱東京UFJ銀行、みずほ銀行、楽天銀行、さらに横浜銀行のカードローンとなっています。楽天銀行と横浜銀行では、専業主婦が融資を受ける際に必要とされる「住民票」の提出も必要とされません。住民票は夫との婚姻関係を証明するために必要とされるものですが、この住民票は入手するために役所や郵便局を訪れる必要もあり、発行手数料もかかります。

 

楽天銀行や横浜銀行であれば、配偶者の同意書だけではなく住民票も必要とされないため、必要となるのは本人の身分証明書だけとなります。また会社員がキャッシングに申し込んだ際に必要となる、職場への在籍確認も専業主婦に対しては行なわれません。このように同意書と住民証が不要な銀行カードローンに専業主婦が申し込んだ場合には、申込手続きは会社員より簡単で楽なものとなるのです。

 

信販系のキャッシングは避けたほうが賢明

専業主婦は、セゾンやセティななどクレジットカードを発行している信販会社のキャッシングサービスも利用できます。これら信販会社は審査基準が厳しく、また審査に長時間要する場合が一般的です。申し込みから融資の実行まで1週間かかることも普通で、キャッシングにおいて導入されている即日融資などとは程遠い対応となっています。

 

信販会社の本業はクレジットカードの利用による手数料や金利収入にあり、キャッシングサービスには消費者金融や銀行ほどの力を入れていないのです。信販会社のキャッシングは銀行カードローンに比べ利便性が劣っているため、選択肢から外すことが賢明は判断となります。

 

借入限度額を多くしたい場合には、楽天銀行かイオン銀行

専業主婦が銀行カードローンを利用する場合、どの銀行カードローンにおいても借入限度額は30万円と抑えられたものとなります。この限度額は夫の職業や年収に関係なく、申込者が専業主婦である場合、一律に決定されているものです。

 

しかしイオン銀行カードローンBIGと楽天銀行スーパーローンの場合では、専業主婦であっても50万円まで借入可能とされています。そこで多額な借入がしたい場合には、イオン銀行か楽天銀行に申し込むと比較的大きな限度額を利用できることになります。