銀行カードローンの審査は厳しい。

キャッシング会社では、安定した収入があることが条件の一つとなっています。そのため、仕事をして収入を得ている人で、20歳〜69歳までであれば申し込みができます。

 

その際に、年収や職業などが審査の対象となりますが、職業で審査に落ちることは滅多にありません。

 

審査通過率って何?

例えば、アコムのホームページの右上に「IR情報」と書かれた小さなリンクがあります。そこをクリックすると、最新IR資料が出てきます。この情報は、投資家が株の売買をする時に目安としている数値です。

 

このIR情報の「ローン事業新規申し込み数、新客数及び新規貸付率」という箇所がありその中に新規貸付率があります。この数値を見ていくと、キャッシング会社での審査が通る確率が分かってきます。アコムの2015年度全体での新規貸付率は、47.3%となっていて、月平均にすると45%〜49%となっています。

 

その他の審査通過率

プロミスだと、成約率と表示されていますが、42%〜45%となっています。そして、アイフルの場合は、無担保新規成約率と表示されていますが、44%〜49%となっています。アコムやアイフルは、収入が低い人に対して限度額を低くすることで対応し、審査に通している傾向が高いようです。

 

それから、レイクの成約率は33%〜38%となっています。元々キャッシング会社だったとはいっても銀行カードローンなので、審査がそれなりに厳しいということがわかります。そのことからも、「確実に審査に通りたい」「即日融資をしたい」と、いう場合はキャッシング会社の方が有利だということになります。

 

ノーローンは厳しい

ノーローンは、レイクと同なじ新生銀行グループで運営しているキャッシング会社です。ノーローンの審査通過率は、30%とレイクよりも低くなっています。ノーローンは、借りれから最初の1週間は無利息で、全額返済した翌月も1週間無利息という毎月1週間無利息で借り入れができることで人気があります。

 

しかし、無利息期間を1週間に設定していることからも、毎月給与を得ている会社員などが対象となっていることが分かります。年収が低い人よりも、年収の高い人をターゲットにしているということです。

 

ダメ元で申し込むのもアリ

夜のお仕事をしていると「収入が不安定」「歳を取ったら辞める」など、審査では属性が低目に見られてしまう面があるかもしれません。それでも、どうせ借入をするなら少しでも金利が低いほうが有利ですよね。審査に通るかどうかは、まずは申し込んでみることにしてはいかがでしょう。高額な借入はともかく、少額の借入であれば日払いにしてもらってすぐに返済することもできますよね。

 

審査に通りにくい理由

実は、職業が原因ではなく、元々の履歴が審査に影響を与えていることもあります。例えば、キャッシング会社に申し込みをして審査に落ちると、焦って次から次へと申し込みを繰り返したことはありませんか?

 

短期間に複数社の申し込みをすると、多重申し込みと判断されて、信用情報機関に事故情報として登録されます。登録機関は、半年間となり、登録が消えるまでは申し込みをしても審査に落ちてしまいます。

 

意外と現金主義が多い

それから、夜のお仕事をしていると、現金主義の人が結構います。悪いことではありませんが、キャッシングカードの利用が1度もないよりも、定期的なキャッシュカードの利用があった方が審査で有利になるんです。

 

特に、キャッシングカードの利用で返済遅延や滞納が全くない状態で、定期的な借入・返済を繰り返している人は、真面目に返済してくれると見なされて、審査で有利に働きます。逆にキャッシングカードの利用が1度もない人は、社会的信用や返済能力を測ることができないので、不利になります。

 

公共料金などの滞納

自分では、悪気はなくても滞納を何度も繰り返しているキャッシュカードの履歴があると、審査に落ちます。携帯やスマホの本体価格を分割にして支払っている場合や、公共料金をクレジットカード払いにしている人は多いと思います。クレジットカードの引き落とし先の口座が預金ゼロの状態になっていて、毎月引き落としができない状態が何度も続くと、信用情報機関に事故情報として登録されてしまいます。

 

1〜2回程度であれば、問題ないかもしれませんが、何度も滞納していると、悪質とみなされてしまいます。信用情報機関に事故情報として登録された場合、5年くらいはキャッシングやクレジットカードの申し込みができなくなってしまいます。

 

確実にしたいならキャッシング会社

最近の銀行カードローンは、専業主婦でも配偶者の同意なしで借り入れができるくらい、柔軟な対応をしてくれますが、やはり審査通過率を見ると、キャッシング会社にはかないません。

 

それに、キャッシング会社の方が営業時間も長いので、お仕事に行く前に申し込みをして、審査に通ったら出勤前に自動契約機でキャッシングカードを受け取るということができるので便利ですよ。