正社員も、派遣社員も違いはほとんどありませんが、少しだけ違います。

正社員の方も、派遣社員の方も、基本的にはキャッシングの審査内容に違いはありません。ただし、在籍確認される先が異なります。派遣社員の方の場合、実際に働いているところにもかかってくることもありますが、派遣会社にかかることもあります。

 

また、派遣社員の方の場合、勤続年数が重視されます。勤続年数が長ければ、今後も変わらず働き続けると考えてもらええます。

 

派遣社員の方の審査では特に勤続年数が重視されます

派遣社員の方も、正社員の方も、借入を行うに際しては、勤続年数、年収、借入状況などについて問われます。どれも重要なことなのですが、派遣社員の方の場合、勤続年数の重要度が増します。

 

派遣社員の方も派遣切りにあうことを恐れていらっしゃることと思いますが、融資する業者側もそれを恐れています。そのため、派遣切りのリスクが低い、勤続年数が長い方の方が短い方より取引相手として好ましいと考えます。

 

勤続年数が重視されるのは派遣社員だけではありません

正社員の方に比べて勤続年数が重視されるのは、フリーター、アルバイト、パートで働かれている方も一緒です。正社員ではないからと言って、正社員より劣った仕事をしているというわけでなく、むしろ、重要な仕事をしているにも拘らず、会社やお店の都合でその状態にとどめ置かれているという方、最近はとても多いです。

 

このような方はたいていご自身で辞めると決めない限り、仕事を失うということはありません。みんながみんな、そうであるとは言えないのですが、勤続年数が短い方よりも長い方の方にそのような方が多くいるので、正社員ではない方でも、勤続年数が長い方は長ければ長い程、キャッシングの審査では信用できる方だと見なされます。

 

正社員や公務員は勤続年数は重視されません

派遣社員の方や、アルバイトの方にとって、勤続年数が重要であることはお分かりいただけたかと思います。その一方で、勤続年数がそれ程重視されない方たちもいます。それは正社員の方や公務員の方です。特に、公務員の方であれば、問題のもの字にもならないかもしれません。なぜなら、公務員の方は余程のことがなければ、首にはなりません。

 

キャッシングの審査で見られることは、この人は貸したお金をきちん返してくれる人だろうかということです。業者は、収入が安定してあれば、そうでない方よりもそれが確実にできるだろうという仮定に立ちます。だから、そう簡単に首になることのない正社員の方や公務員の方は、勤続年数が短いからと言って、ピリピリする必要はないのです。

 

派遣社員ですが、勤務先はどこを書けば良いですか

派遣社員の方は、所属は派遣会社ですが、実際に働いているのは派遣先です。在籍確認があるのだろうと思うと、どちらの勤務先を書いたら良いのか、迷ってしまうのも当然のことです。

 

一般的には派遣会社を答えるもののようです

一般的に、勤務先は派遣会社を答えるもののようです。年収や従業員数もそれに準じます。しかし、業者や銀行によっては、派遣会社名と共に、実際に働いている所の会社名も書くように求められる場合もあるようです。

 

とはいえ、派遣会社と派遣先、両方を書くのは面倒なことなので、たいていの業者や銀行はそれを求めてきません。しかし、万が一、求められたら、両方、書いてしまった方が、当然のことながら審査には通りやすいだろうと思います。

 

在籍確認の問い合わせ先は、お仕事の状況や、業者・銀行のよって異なります

所属先である派遣会社と派遣先、在籍確認のお電話がどちらにかかってくるか、気になるところだと思います。業者や銀行の考え方にもよることなので、一概には言えないのですが、もし派遣先が1つではなく、日によって、時間によって違うという方は、派遣先へのお電話は難しいことと思います。そうなると、必然的に、在籍確認のお電話は所属先ということになります。

 

その一方で、一つの派遣先でずっと働いていらっしゃるような場合は、派遣先に電話がかかってくることでしょう。なぜなら、所属先である派遣会社は、所属する全ての派遣社員の在籍確認ができる程には把握していないと思うのです。だから、在籍確認が容易な派遣先の方にお電話がかかることになるでしょう。

 

ということで、大抵の場合、業者や銀行は派遣会社に電話をかけるということはしないはずです。派遣先に電話をかけたいけれど、かけられない場合のみ、所属先である派遣会社に在籍確認のお電話があると理解しましょう。

 

派遣会社へかかってくる在籍確認、どうやって確認するのですか

借入する人が信用度が高く、かつ、希望借入金額が少なければ、在籍確認なし済む場合もあります。なぜなら、何が何でも在席確認をしようとすると、利用者の満足度を下げる結果となり、次回のご利用はまずなくなるからです。

 

在籍確認をするにしても、「借金の事実を第三者に知らせてはならない」という法律があるので、直接的に借金をしようとしているのだけれどもというような話が出ることはありません。上手く工夫された方法で、在籍確認が実行されることでしょう。その辺りのことは、安心していて大丈夫です。