メリットばかりじゃない!

おまとめローンと債務整理は、何社からも借り入れをしている人にとっては、喉から手が出る程、魅力的な商品です。

 

しかし、安易に利用することで、大損することになってしまう可能性がありますので、よく内容を調べてからどちらにするか決めるべきです。

 

任意整理はいくらから?

任意整理は借金がいくらからできるのかと、いったことは特にありません。借入総額とは関係なく任意整理することができます。但し、任意整理によって和解に至った残債を3年〜5年で返済していけるだけの収入がないと任意整理することはできません。

 

取引履歴と利息

 

借金の額ではなかった!

任意整理は、取引履歴が長く、払い過ぎた利息が多ければ多いほどメリットが大きくなると言われています。利息制限法で決められた上限20%を超える高い金利で長期間に渡り、返済していれば、任意整理をした時に大幅に借金が減る可能性があります。

 

そのため、利息制限法による法定金利内での利息で返済していた場合は、任意整理をするメリットがないと考えた方がいいでしょう。利息引き直しで計算した借金を3年で返済できる見込みがあれば、任意整理がお勧めですが、無理だといった場合は、個人再生や自己破産を検討すると良いでしょう。

 

任意整理のデメリットも考えること

任意整理は、持ち家や車を売却する必要がない反面、3年〜5年はキャッシングやクレジットカードの契約ができない状態になりますので、よく考える必要があります。

 

計算してみよう

先ずは、利息引き直し計算をしてみて、正確な借金残高がいくらになるのかを明らかにして、現実的な返済計画を立てることが重要となります。

 

個人再生とは

個人再生は、裁判所を介して行う借金の減額を目的とした手続きです。個人再生では、任意整理と似ていますが、法的に手続きを行うところが大きな違いです。個人再生では、住宅ローン特則という特則を利用することで、自宅を保有したまま債務を減らすことができるというものです。

 

個人再生の条件

個人再生を利用することができる条件は、支払い不能の恐れがある者と裁判所が判決を出すことです。それから、安定した収入があることも条件となります。そして、住宅ローンを除いた債務総額が5,000万円以下であることを満たしていなければ個人再生はできません。

 

しかし、個人再生も少なくとも5年間はキャッシングやクレジットカードの契約ができなくなってしまいます。また、官報に氏名と個人再生を行った事実が掲載されてしまいます。それから、弁護士なに手続きを依頼しなければ、難しい内容となっていますので、弁護士費用も別途かかることも考えておく必要があります。

 

おまとめローンとは

おまとめローンは、複数社での借り入れを1本化することができるローンです。まとめることで、金利が下がる場合もありますし、返済日を月に1回にまとめることでで返済管理しやすくなります。

 

しかし、返済期間が長くなると、返済総額が増えてしまって、まとめる前よりも借金が増えてしまう可能性が大いにあります。

 

おまとめローンのデメリット

また、借入先を1つにまとめるとことで、新規の借り入れができるようになることから、借金が更に増えるといったデメリットもあります。おまとめローンにするよりも、債務整理をした方が良いという場合もありますので、安易におまとめローンに手を出すのはよくありません。

 

おまとめローンは、全ての借入先を1本化できるというものではありません。借入総額が高額になってくると、一部の借入に対して借換枠しか与えてもらえないことがあります。そういった場合は、無理にまとめない方が無難ということもあります。

 

キャッシング会社側できっちり返済

キャッシング会社のおまとめローンを利用する場合、借金返済にしか使用することができないように、キャッシング会社側が契約者名で借入先に振り込みをするという方式を取っているところが多いのが特徴です。意思が弱くて、返済をきちんとできない人はキャッシング会社にお願いして返済していくのも良い方法かもしれませんね。

 

尚、借換の対象となるローンは、消費者金融、クレジットカードなどにおけるキャッシングとなりますので、銀行カードローン、クレジットカードでのショッピングは対象外です。申し込み方法は、店頭か自動契約機での申し込みのみで、ネット申し込みは不可となっています。申し込み時には、本人確認書類、収入証明書が必要となりますので、忘れずに用意しましょう。